お知らせ‎ > ‎

ラオスからお手紙が届きました。

2014/10/10 7:38 に SAEFI事務局 が投稿   [ 2014/10/10 7:41 に更新しました ]
学校建設予定地のサムスム村で英語を教えているソムシー先生からお手紙が届きました。
子ども達だけではなく先生の期待も大きいようです。


<日本語訳>
私の名前はソムシーです。サムスムの学校で英語教員をしています。
私が子どもたちに授業をしている時、子どもたちの集中力を維持し、より良く教えることに難しさを感じています。その理由は校舎の状態が良くないからです。今の校舎には木材と基礎の部分の石だけでできており、雨が降るとものすごい騒音になり、子どもたちの授業に対する集中力に多大な影響を及ぼします。
このような状況で、SAEFIの皆様が学校をご支援下さると聞いて、とても嬉しく思い、新しい校舎で授業をすることをとても楽しみにしております。新しい校舎ができましたら、今まで以上に一生懸命、より良い授業を行うように尽力致します。
先日、一人の子どもがもっと良い学校で勉強したいと言ってきました。
私は「来年には素晴らしい校舎ができるから、それまで我慢して一緒に頑張って勉強しよう」と応えることができました。
私だけでなく、皆が新しい学校を待ち望んでいます。
最後になりましたが、SAEFIの皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げ、皆様がサムスム村に来られることをお待ちしております。
(翻訳:SVA鈴木淳子)

原文(クリックで大きな画像を表示)